クレジットカード現金化って危険じゃないの?

お金がどうしても必要になった時、クレジットカード現金化の利用を考えてしまう事はないですか。
何か怪しいと思ってしまっても、簡単にお金が手に入るとなってつい頼ってしまう事も多いクレジットカード現金化。
しかし、クレジットカード現金化には、沢山の危険が潜んでいるんです。

クレジットカード現金化の業者には悪徳業者もいる

クレジットカード現金化の業者には、悪徳業者も多数います。
そのような悪徳業者だと、買取方式の場合は手数料が異常に高かったり、キャッシュバック方式の場合は商品を購入してもお金が振り込まれないというトラブルに巻き込まれてしまいます。
しかし、悪徳業者の一番の問題は、架空請求の被害にあってしまうという事です。
悪徳業者の裏には反社会的勢力だったり、振り込め詐欺を行っている人達だったり、そのような悪い勢力がついています。
クレジットカード現金化の申し込みの際あなたの個人情報などを相手に提示すると、その個人情報が悪用されてしまい、あなたのスマホに電話やメールで架空請求がくるようになるんです。
悪徳業者かどうかは契約前までに判別する事は難しく、大抵は契約後にトラブルに巻き込まれて気づくことが多いです。

クレジットカード現金化は法律的にグレー

クレジットカード現金化は、法律的に違法ではありません。でも、合法でもないのです。
なぜグレーなのかというと、一番の理由はクレジットカード会社がクレジットカード現金化を規約違反にしているからです。
クレジットカード会社が現金化を認めていない理由は、キャッシュバック方式が景品表示法違反だと言われているからです。
その為、もしクレジットカード会社にクレジットカード現金化がバレてしまったら、強制的に解約されてしまいます。
強制的に解約されるという事は、規約によって利用料金を1括返済しなくてはいけなくなります。
クレジットカード現金化には強制的にクレジットカードを解約させられてしまう危険が潜んでいるという事です。

クレジットカード現金化の危険性を理解しよう

簡単にお金が借りられるからといって、、気軽にクレジットカード現金化を利用するのは非常に危険です。
どうしてもクレジットカード現金化をしたいのなら、利用する業者を慎重に選びましょう。
また、自分の個人情報が悪い勢力に渡るかもしれない事、バレたらクレジットカードを強制解約させられる事。
この2つの危険性を理解して、クレジットカード現金化を利用するか考えてくださいね。

知る人ぞ知るクレジットカード現金化TOPへ