クレジットカード現金化というのは闇金からお金を借りるのと一緒?

「審査不要」「ショッピング枠の買取をします」などという宣伝を見て何となく現金化業者は闇金業者とイコールなのではないかというイメージを持っているかたは少なくありません。うっかり利用して恐ろしい取立てにあったり、気がついたら多額の借金を抱えていたということになったら困ってしまいますが、果たしてその実態はどうなのでしょうか。

現金化業者は金融行為を行っていません

闇金というのは無許可で貸金業を営んでいる業者のことを指しますが、まず第一に現金化業者は利用者にお金は貸す行為はしていません。現金化というのは、クレジットカードのショッピング枠を使ってキャッシュバックが付いた商品を買ってもらい還元することで現金を渡したり、またはカードで購入した商品を再び買取することで利用者が現金を受け取るというサービスのことを指します。あくまでも、利用者のクレジットカードのショッピング枠内にあるお金で取り引きをして現金に換えるという方法ですので、お金を貸すわけではないのです。
家電店でキャッシュバックサービスを受けたり不用品を買取に出して現金を受け取った経験のあるかたも多いでしょうが、それと同じです。

お金はクレジットカード会社から借りている

現金化の際には一度クレジットカードを利用して買い物をする形になりますので、お金を借りる先はあくまでもカード会社になります。ですから、現金化業者を通して買い物をした場合であっても、カード会社が指定した日までに利息を含めた額を含めて支払いをする必要がありますが、現金化業者に対して借金をしているわけではないため、利用を申し込んでもその際に改めて審査をしなくても問題ないのです。
また、あくまでも履歴に残るのはカードを使った買い物の記録のみで、現金化サービスの利用は登録されません。このように闇金でお金を借りるのと現金化とは明確に仕組みが異なります。

優良業者を選択することが大切

クレジットカード現金化は闇金とは異なりますが、中には不正な営業をしている業者もあります。利用の際には金融行為を行っておらずクリーンな営業をしている大手業者、有名な業者を選ぶようにすることが大切です。ネットで検索すると口コミなどで評判のいい業者がすぐに見つかりますので、安心して取り引きできると判断したところに申し込みをすることをおすすめします。

知る人ぞ知るクレジットカード現金化TOPへ