クレジットカード現金化、振り込まれない事ってあるの?

これからクレジットカード現金化を考えている人は、現金化したのに振り込みを業者が逃げる等、悪質業者の存在が気掛かりになるかと思います。クレジットカード現金化業者の中に振り込まない悪い業者がいるのかについて解説します。

悪質業者は多数存在する

非常に残念なことに現在の状況ではクレジットカード現金化業者の中には悪質業者も多数存在しています。具体的には振り込みを行わない、行ったけど換金率が事前の交渉と違う、本人確認で住所バレしている事をいい事に電話で住所を知ってるんだぞと脅しをかける、個人情報をオレオレ詐欺などの詐欺集団に流すなどを行う会社が存在する様です。
これは何故かというと、クレジットカード現金化業者は看板など無い自営業の為、悪評が経てば直ぐに名前を変えてしまう、いわば焼畑農業的な営業スタイルを行う事が出来るからです。

真面目な業者は存在する

悪質業者が多いと書きましたが、真面目な業者もキチンと存在しています。その見分け方は、業歴が長く名前を変えていない業者を探す事です。
口コミや人気ランキング1位などの情報は全くアテになりません。というのも、口コミは業者が自分達で書く事が可能ですし、人気ランキング1位はアフェリエイトのバックマージンが1位なだけですから、何方も意味がありません。試しに人気ランキング1位の会社の業歴を調べてみるといいでしょう。大抵は1年未満の新規参入の会社であるとわかるはずです。
逆に言いますと、長く同じ名前で営業している、更に換金しないなどの悪評が立っていない業者は信頼が出来る業者と言う事ができます。
クレジットカード現金化業者で業歴が10年を超えている老舗と呼ばれる業者は安心して利用する事ができます。

まとめ

クレジットカード現金化を初めて利用される人は、換金率よりも安全性を重視して業者選びをする事をお勧めします。換金されないなんて悔しくて眠れなくなるでしょうから、業歴の長い業者だけに着目するなど賢い業者選びをする様にして下さい。

クレジットカード現金化で即日で現金を受け取りたい場合には何が必要?

簡単に現金が受け取れる方法として用いられるクレジットカード現金化ですが、中には即日で現金を受け取りたいという方もいらっしゃるはずです。

しかし、どんな場合でも即日で現金を受け取れるわけではなく、いくつかの条件がありますので、今回はその条件等について見ていきたいと思います。

即日で現金を受け取る為に必要な物

即日で現金を受け取るには、特定の銀行口座、すぐに連絡がつく環境、写真が付いている身分証明書の3つが必要になってきます。

まず、銀行口座は楽天銀行、ゆうちょ銀行、ジャパンネット銀行等といった24時間365日いつでも振込に対応できる口座を所持していることが理想とされていて、これら以外の口座では平日の午後2時30分迄にお申し込みする必要がある為、少々不便になってきます。

すぐに連絡がつく環境については業者からの連絡をいち早く受ける為であり、業者から連絡が入ったのにも関わらずこちらで対応しないとなると、後回しとなり、場合によってはその日のうちに間に合わない場合もあるのです。

写真が付いている身分証明書については、業者側に対して確実に本人であることを確認させる為であり、写真が付いてない身分証明書の場合、購入した商品がきちんと自宅に届けられるまでは業者側も現金を振り込むことができません。

どちらの方式を選択するかでも変わってくる

クレジットカード現金化には、『キャッシュバック方式』と『買い取り方式』がありますが、どちらを選択するかによっても即日で受け取れる可能性が変わってきます。

「キャッシュバック方式」では、予めキャッシュバック率が設定された商品を現金化業者から購入し、業者側で商品の購入が確認でき次第振り込まれることとなり、一方の「買い取り方式」では、業者から指定された商品を別の業者からこちら側で購入します。

そして、その商品をまた送り返す必要があり、特に店舗を持たない業者の場合、基本的に業者側に商品が届くまでは現金を振り込んでもらうことができません。

以上のことから絶対とは言えないものの、キャッシュバック方式を採用している業者を選択した方が即日で現金を受け取れる可能性は高いと言えるのです。

早く受け取りたい場合でも、業者選びは慎重に行なう

このように消費者金融と同じく、クレジットカード現金化においても条件次第で即日で現金を受け取れるわけですが、現金化業者の中には悪徳な業者も存在しますので、焦っている場合でも、ご利用の際にはインターネット等で口コミ等をチェックし、その上で十分信頼できると思われる業者で行なうようにしてください。
【初めてのクレジットカード現金化】2016おすすめランキング~クレジットカード現金化の仕組みと方法について